ピンチ アーカイブ

目が覚めたら動物の言葉がわかるようになっていた!

#人間関係編

GOOD回答例

グランカッサ

50代・男性・ 東京

使用カード:

  • 数理モデリング
  • 分子センサー
  • 気象予報
回答

気象予測による災害警報を野生動物たちに伝達!動物種毎の警戒フェロモン等を分子センサで同定し、合成により広く警戒を伝達。一方で、動物たちの危険予知力について情報を収集し、合原先生に協力いただいて数理モデル化。新たな危険予知メカニズムを構築。

らは

20代・女性・東京

使用カード:

  • 物質設計
  • エネルギーマネジメント
回答

動物から有用な物質や環境の変化を教えてもらい、物質設計やエネルギーマネジメントに生かしてSDGsに役立てる。

Indioapa

50代・男性・埼玉

使用カード:

  • 3次元計測
  • 災害対策トレーニング
回答

犬や猫に三次元計測器を取り付けて地域を計測し、よく話を聞いて移動ルートを記録し、データで裏付けを取る。災害時の状況把握に利用できるように平時のペットコミュニティーを形成することにより、有事に活用する質の高い共助を醸成する。

ちた

30代・女性・東京

使用カード:

  • 光機能性分子
  • エネルギーマネジメント
回答

動物の言葉がわかるようになって嬉しいので、「光機能性分子」で他の人も動物の言葉がわかるように変えてしまう。我が家のお猫さまに快適なおうちについて聞いて、「エネルギーマネジメント」でお猫さまが快適に過ごせるように気を配る。

20代・男性・東京

使用カード:

  • フォトニック結晶
  • コンピューティングインメモリ
  • 脳回路の3次元培養
回答

まず脳回路の三次元培養によって今脳に何が起こったのかを研究し、さらにコンピューティングインメモリの技術を使って演算、その演算にフォトニック結晶を用いる。

もりお

10代・女性・東京

使用カード:

  • 3Dプリンティング
回答

動物とお喋りし、欲しいものを聞き出す。3Dプリンティングで動物が求めるものを形づくり、プレゼントする。これで人間も動物も快適に暮らせる世の中に。

セキメン

20代・男性・東京

使用カード:

  • パブリックスペース設計
  • 物質設計
  • 数理モデリング
回答

まず、脳がどうなっているのか数式で表して脳の異常を確認する。そのあと、その異常が治せる物質を設計して、薬として調合する。それを飲んで、治ったかどうかをパブリックスペースでいろんな動物を交えて確認する。

SHU

20代・男性・東京

使用カード:

  • 超大規模データ利活用
  • 脳回路の3次元培養
回答

動物の声に耳をふさぎ、脳回路は3次元培養にしておき、パソコンを起動して超大規模データを活用して、だれがどの能力を持っているかを理解して活用し、動物とは話さない人間社会に復活させる

専門家解説

ただいま準備中です。