ピンチ アーカイブ

太陽の寿命が予想より早く尽きることが分かった

#日本・地球編

GOOD回答例

10代・男性・東京

使用カード:

  • 物質設計
  • 光触媒
回答

光触媒で太陽光を分析し、物質設計で人工太陽を作る。

jun

10代・男性・千葉

使用カード:

  • 災害対策トレーニング
  • 生体の高品位保存
回答

太陽がなくなることにより地上は明るさや温度的な問題が生じる問題を災害として捉え、トレーニングによって臨機応変に対応できるようにする。また、食物の生産が困難となるはずなので大量生産しておき、それらに「長期保存する技術」を行使する。

しろちゃん

20代・女性・東京

使用カード:

  • コンピューティングインメモリ
  • 表面・界面現象
回答

コンピューティングインメモリのメモリのデータをCPUに移動せずその場で計算する仕組を使い、人工知能の高速化と省エネ化をして、表面・界面現象という性質の違う2つの物質が接する面で起こる特殊な現象を使って太陽の寿命を長くする。

秋佐

20代・男性・千葉

使用カード:

  • 温度差発電
  • 工学リテラシー教育
回答

3.5を使用して、工学リテラシー教育を義務教育にして、技術者や研究者の育成を急いで行い、温度差発電の研究を行ってもらい、太陽があるうちに熱エネルギーを電気エネルギーに変換し沢山蓄えることができる蓄電システムを開発してもらう。

20代・男性・東京

使用カード:

  • 分子センサー
  • 複合原子層
  • 粘度測定
  • 工学リテラシー教育
  • 物質設計
回答

太陽が消えた後の地球にも何かの物質がある。工学リテラシー教育の育んだ研究者は、粘度測定・分子センサーを用いて荒廃した地球から有用な物質を手に入れ、複合原子層・物質設計を用いて必要な素材を作り出し、エネルギー源を得て力強く生きていくのである。

アクアパッツァ

20代・その他・東京

使用カード:

  • 自動運転
  • 災害対策トレーニング
  • 工学リテラシー教育
  • 空間構造
  • 自然素材建築
回答

「工学リテラシー教育」と「災害対策のトレーニング」を受けたエンジニアが、安全性の高い「空間構造」を持ち且つ内装が「自然素材建築」を応用して作られる「自動運転」が可能なロケットを作り、太陽が寿命を迎える前に地球から脱出する。

専門家解説

ただいま準備中です。